展示スケジュール│JR・地下鉄・バス直結で気軽に見れるアートギャラリー - 新さっぽろギャラリー

HOME > 展示スケジュール > 2014年

展示スケジュール│JR・地下鉄・バス直結で気軽に見れるアートギャラリー - 新さっぽろギャラリー

当ギャラリーの2014年展示スケジュールです。

「第5回みんなの!新さっぽろフォトコンテスト」入賞・入選作品展
「第5回みんなの!新さっぽろフォトコンテスト」入賞・入選作品展 12月24日(水)〜1月3日(土)

「第5回みんなの!新さっぽろフォトコンテスト」の応募作品232点から選ばれた、素晴らしい作品をお楽しみください。

ニーウン・ペツガラス美術研究所「See The Lights 2014」
ニーウン・ペツガラス美術研究所「See The Lights 2014」 12月10(水)〜12月22日(月)

赤、青、黄色、緑…色とりどりのガラスと光の魅力。
ニーウン・ペツガラス美術研究所の展示会をご覧ください。

【1部】12/10(水)〜15(月)
 光のインスタレーション展示

【2部】12/17(水)〜22(月)
 ガラスのコップや小物など贈り物にも最適な展示販売
 やワークショップを行います。
<ステンドグラスのブローチを作ろう>
 いろいろな色のガラスを組み合わせて小さなブローチ を作ります。
 ◆参加費 1,700円(1個)
 ◆開催日 12/17(水)〜19(金)@11:00 A14:00
      12/20(土)〜22(月)@11:00 A14:00
                B16:00
 ◆予約 080-6093-1579(くすもと)

十彩といろ展「未来〜感性を引き出すARTクローズ」
十彩といろ展「未来〜感性を引き出すARTクローズ」 12月3日(水)〜12月8日(月)

コットンの暖かいお洋服、人気のイカットお洋服の展示会を開催します。

<十彩オーダー会>
来春、着てみたいお洋服をイカットで作ってみませんか。

「第5回みんなの!新さっぽろフォトコンテスト」入賞・入選作品展
「第5回みんなの!新さっぽろフォトコンテスト」入賞・入選作品展 11月12(水)〜11月17日(月)

厚別区の自然や景色、街の色、人々の暮らしなどを撮影した写真を展示します。
第5回を迎える今年は、232点の応募作品の中から選ばれた素晴らしい作品をご覧ください。

小笠原み蔵 個展
小笠原み蔵 個展 11月19(水)〜11月24日(月・祝)

木の質感を活かしたノミ使いの妙、ユニークなデザインの木彫り作品をご覧ください。

L’esprit des enfants 「Shape!Shape!Shape! 色々な形の真珠展」   」展
L’esprit des enfants 「Shape!Shape!Shape! 色々な形の真珠展」   」展 11月26(水)〜12月1日(月)

養殖技術の向上により生まれた様々な形の本真珠。
クロスパール、ハートシェイプパールなど、遊び心いっぱいの真珠のアートをご覧ください。

岸本 日出雄写真展
岸本 日出雄写真展 11月5日(水)〜11月10日(月)

北海道を中心に活躍する写真家・岸本日出雄氏が映した厳冬の北海道の自然が織りなす幻想的な世界をご覧ください。

酒井広司 写真展
酒井広司 写真展 10月22日(水)〜11月3日(月・祝)

今年「第30回写真の町東川賞 特別作家賞」を受賞。
北海道各地を撮り続けてきた作品をご覧ください。

Yoshi Sislay
Yoshi Sislay 10月1日(水)〜10月20日(月)

バルセロナ在住のヨーロッパで活躍中の日本人画家。
日本初の個展をご覧ください。

札幌国際芸術祭ハコレン関連企画 「♯OVERLAP」
札幌国際芸術祭ハコレン関連企画 「♯OVERLAP」 9月17日(水)〜9月29日(月)

東京に活動拠点を置く20代の作家3人のグループ展。多様な表現をする作家たちのオーバーラップ(ふたつの物事が重なり合い同時に映るさま)という言葉を軸に、考察していくことを狙いとした作品をご覧ください。

◆作家:奥誠之、チョン・ユギョン、野上勝己

高橋健介 写真展「形而上 地平線」
高橋健介 写真展「形而上 地平線」 9月10日(水)〜9月15日(月・祝)

生と死、光と影、意識と無意識。人の心を突き動かすのは、いつも相対的な狭間に存在するような気がします。
今回はそんな狭間の「境界線」をご覧ください。

佐々木修一 「革と漆のカルベ」展
佐々木修一 「革と漆のカルベ」展 9月3日(水)〜9月8日(月)

革と漆に想いを込めて、一針ひと塗り、日々作り続けています。数日から数ヶ月を経て出来上がった作品をご覧ください。

Daap「Picture@the Architecture展」
Daap「Picture@the Architecture展」 8月20日(水)〜9月1日(月)

建築と芸術、感性と数学、絵画としての図面と、図面としての絵画。
設計に額縁を、キャンバスに図枠を、そんな見方で楽しむ展覧会です。

田中正文写真展「世界遺産パラオの海」
田中正文写真展「世界遺産パラオの海」 8月6日(水)〜8月18日(月)

写真家・田中正文氏が自ら収めた航空写真や水中写真を通じて、世界遺産パラオの海の美しい魅力を紹介します。

L’esprit des enfants 「水晶に浄化される真珠たち」展
L’esprit des enfants 「水晶に浄化される真珠たち」展 7月30日(水)〜8月4日(月)

真珠と水晶が癒やしへ誘う…、頑張っている貴方へお届けします。

エアブラシで描く かきはらひとみ 動物イラスト展
エアブラシで描く かきはらひとみ 動物イラスト展 7月23日(水)〜7月28日(月)

恵庭市在住のイラストレーター「かきはらひとみ」さんの作品展。
物心ついた時から犬や猫などの動物ばかり描いてきた作者。エアブラシを使用し、筆で仕上げた独自のイラスト作品をご覧ください。

小山 正洋 絵画展
小山 正洋 絵画展 7月16日(水)〜7月21(月)

油彩を中心に、アクリル・ミックスメディア・ペン・カッティングシート等を使用し、画材が違う中で自由に描くこの楽しみを伝えたく、制作した作品をご覧ください。

金 宗泰(キム ジョンテ) 「Color of Dream」
金 宗泰(キム ジョンテ) 「Color of Dream」 7月2日(水)〜7月14日(月)

キャンバスに染織で描かれた春色の山、風、果物、夢、自然な澄みを絵画的に深化させ、シンプルな色彩を着けて内面的世界を表現した作品は、見ている者を優しく包みます。

◆金 宗泰(キム ジョンテ)

染織家。韓国美術界において最も注目されているテキスタイル・アーティスト。弘益美術大学繊維美術科・同大学院卒業。数々の大学にて染織及びテキスタイルデザインの講師を勤める。1991年より毎年個展を開催し作品を発表。現在、新丘大学産業デザイン系列ファンシーデザイン専攻教授。

漆山豊 追悼展「豊かな大地・実りある日々・祈りをこめて」
漆山豊 追悼展「豊かな大地・実りある日々・祈りをこめて」 6月25日(水)〜6月30日(月)【終了】

2013年6月に世を去った画家漆山豊、彼の遺した作品の中で、抽象画とともに花や自然に風景が多く遺っています。
彼は後年老いの苦しみと、生きている喜びを絵画にて表現することにより、命の重みと強さと儚さを追い続けてきました。
「豊かな大地・実りある日々・祈りをこめて」は2004年の年賀状に書いた彼の言葉です。
今回の展覧会を開催するにあたって、メインテーマとしてこの言葉を選びました。
豊、大地、実り、祈り、彼の過去と今を表す世界観としてふさわしい言葉であると考えております。
今回の展覧会では、その彼が愛した自然と季節を通じて改めて漆山豊への追悼と画家としての記憶を多くの人と共有したいと考えております。

アタかご展
アタかご展 6月18日(水)〜6月23日(月)【終了】

バリの伝統工芸アタ。
その中でもトゥガナン地方のアタかごはクオリティーが高く“最高級品”と呼ばれています。
そのトゥガナン地方のアタをお手にとってご覧ください。

紅露はるか 「Raining」
紅露はるか 「Raining」 6月11日(水)〜6月16日(月)【終了】

私の作品には、傘をさしている人が度々登場します。
雨が降っている時、それは全てが浄められ明るみになっていく時。
雨は明るい兆し。
今回の個展では、そんな想いを込めて描きました。

亀井由利 個展
亀井由利 個展 【予定】6月4日(水)〜6月9日(月)【終了】

最近えらく変わりましたねと言われる事が多いが、私にしてみると、補色の組み合わせも白黒も両極の組み合わせのという面で同じである。
それはいつも実験であり挑戦だ、失敗を恐れず挑戦を続けて行きたいと祈りつつ・・・・

竹本英樹 写真展「あえかなきおく」 〜はかなくこぼれ落ちてゆく意識の断片〜
竹本英樹 写真展「あえかなきおく」 〜はかなくこぼれ落ちてゆく意識の断片〜 5月28日(水)〜6月2日(月)【終了 】

2004年から継続しているシリーズ「意識の素粒子」から、国内未発表の作品を中心に構成した作品展です。

◆プロフィール
2003年 路上写真売りから作家活動をスタート。
2007年にFUJI FILM PHOTO SALON(札幌)で開催した個展は、6日間で1,400人を動員。以降、アメリカ、イタリアなどのコンペンションにセレクトされる。2013年には世界有数のポートフォリオレビュー、REVIEW SANTAに選出され、アメリカの美術関係者、ギャラリストから高い評価を得る。

http://www.hidekitakemoto.com

池田圭輔「冬夜燈光-Touyahikou」
池田圭輔「冬夜燈光-Touyahikou」 5月14日(水)〜5月26日(月)【終了】

生まれ育った町の風景も夜が来て闇に包まれると、何処か未知なる空間を彷徨っている様な感覚に陥った。
路肩に積まれた雪を照らす光は何処か怪しく冬夜を燈す。
見慣れた町の知らない表情を見つけた。

上田 忠太郎「イメージング アート in あつべつ」
上田 忠太郎「イメージング アート in あつべつ」 4月30日(水)〜5月12日(月)【終了】

幼少に慣れ親しんだ「厚別の地」。
歴史、文化、自然がふんだんにある。
この作品展は、北海道開拓記念館「ミュージアムメイト」の仲間との繋がりで実現しました。
私の頭の中にある楽しい「厚別」をイメージした作品です。

札幌切り絵の会展
札幌切り絵の会展 【開催】4月23(水)〜4月28日(月)

日常の何気ない風景のなかで、あるとき心の琴線に触れるような喜びを感じる時、自然にカッター片手に紙に向かう自分がいます。
そんな仲間達が集まった作品展です。

かとう ひろやす陶の器展
かとう ひろやす陶の器展 4月18日(水)〜4月21日(月)【終了】

穏やかな春の訪れに、美しく花を飾る器たち。
趣き豊かな陶の器の数々をご覧下さい。

手嶋大輔と九州の作家展「点と点の日常 線で結ぶ美術」
手嶋大輔と九州の作家展「点と点の日常 線で結ぶ美術」 4月2日(水)〜4月14日(月)【終了】

北九州で創作活動をしている作家4人の作品を展示。
かつて日本を良くしようと志を持った先人達は、時代を経てその思想を日本の北と南で結びました。
夢や希望を与えてくれる「つくる」ことは、人間が豊かに生きるため生み出された知恵だと思います。
私達の「つくる」から現れた作品達が、札幌に日常を
置く多くの方々と北九州の私達を繋げることを期待します。

<参加アーティスト>
手嶋大輔(彫刻家)
松浦孝 (彫刻家)
濱崎孝洋(日本画家)
稲葉彬子(石彫刻家)

「ZETTON」
「ZETTON」 3月26日(水)〜3月31日(月)【終了】

在日朝鮮文学芸術家同盟 北海道支部 美術部のグループ展です。
<参加作家>
朴 湧一、金 侑龍、朴 朱福、金 和秀、鄭 梨愛、
曺 昌輝、金 将成、金 恵順

柴﨑康男個展
柴﨑康男個展 3月19日(水)〜3月24日(月)【終了】

新さっぽろギャラリーでの2回目の個展。
今回は、若い頃旅先でスケッチしてきた資料をもとに描いた作品展です。

おがさわら み蔵「木彫三昧」
おがさわら み蔵「木彫三昧」 3月12日(水)〜3月17日(月)【終了】

木の質感を活かしたノミ使いと、ユニークなデザインの作品をご覧ください。

第5回東日本大震災復興支援写真展 〜輝く未来へ〜
第5回東日本大震災復興支援写真展 〜輝く未来へ〜 3月5日(水)〜3月10日(月)【終了】

震災から3年が経ち、少しずつ復興が進んで笑顔が戻ってきていますが、未だに仮説住宅に多くの方が暮らし、住み慣れた故郷を離れて暮らす方もいます。現地で今も続いているボランティア活動を通して復興地の今を紹介します。

谷内俊文 「福島第一原発20km圏内 人の住めない場所」
谷内俊文 「福島第一原発20km圏内 人の住めない場所」 2月14日(金)〜3月3日(月)【終了】

震災後の福島第一原発20キロ圏内の様子を収めた写真展

及川 修・爲岡 進 「第参回 祭りと神楽」
及川 修・爲岡 進 「第参回 祭りと神楽」 2月5日(水)〜2月12日(水)【終了】

江差町 姥神大神宮渡御祭りいま昔

小さな命を守るため「2014私たちにできること」
小さな命を守るため「2014私たちにできること」 1月29日(水)〜2月3日(月)【終了】

身勝手な人間に翻弄される動物の命・・・しっぽの会は、
保健所から犬猫を引き取り、新しい飼い主を探す活動
や啓蒙活動に尽力しています。
「人間と動物がより良く共生できる社会」の実現のために
「私たちにできること」をはじめてみませんか。

十彩といろ展「しずく」
十彩といろ展「しずく」 1月22日(水)〜1月27日(月)【終了】

今の貴女を活かす心地いいクローズ。
2014 十彩コレクション新作会
第103回毎日モード作品展示
1月25日限定 お客様モデル撮影会 13:00〜

後藤悠樹写真展「春が来るまえに」
後藤悠樹写真展「春が来るまえに」 1月15日(水)〜1月20日(月)【終了】

サハリンと北海道は海峡で隔てられている、そんな事はお構いなしに日本から春はやってくる。
2013年3月 春の気配を感じるサハリンの生活風景。

久米谷弘幸探見日記展 野幌森林公園「やすらぎの森」
久米谷弘幸探見日記展 野幌森林公園「やすらぎの森」 1月5日(日)〜1月13日(月)【終了】

野幌森林公園に生息する動植物の一年を写真と短文でつづる「探見日記2013年版」

Copyright (C) Shin-Sapporo Gallary. All Rights Reserved.