展示スケジュール│JR・地下鉄・バス直結で気軽に見れるアートギャラリー - 新さっぽろギャラリー

HOME > 展示スケジュール > 2017年

展示スケジュール│JR・地下鉄・バス直結で気軽に見れるアートギャラリー - 新さっぽろギャラリー

当ギャラリーの2017年展示スケジュールです。

今荘義男展
今荘義男展 4月26日(水)〜5月1日(月)

人生の記憶をテーマにイメージの絵画化を試行し続ける、岩見沢在住の抽象派作家の作品をご覧ください。

上田忠太郎の縄文拗展
上田忠太郎の縄文拗展 5月3日(水・祝)〜5月8日(月)

北の縄文時代をモチーフに「縄文」をこじらせた作者の空想世界。硬い歴史観は忘れて楽しんでいただければと思います。

細井潤子展
細井潤子展 5月10日(水)〜5月15日(月)

滋賀の草木から染め上げるカラダにやさしい素材の創作服を展示。自分の個性や美しさを最大限にひきたててくれる一着に出会ってください。

ドクターコンのミュージアムスタンプ展〜変・変化・へんなスタンプ〜
ドクターコンのミュージアムスタンプ展〜変・変化・へんなスタンプ〜 5月17日(水)〜5月29日(月)

個性のあるデザインや年代によって、どのようにミュージアムスタンプが変化しているのかが楽しめます。

絵本の中へ〜押し花の絵本〜
絵本の中へ〜押し花の絵本〜 5月31日(水)〜6月5日(月)

草や花・葉などの押し花で描いた絵本を展示いたします。女の子と動物たちが「かさじぞう」「一寸法師」などの昔話から現代の絵本まで様々なお話の中に入っていき、いろいろな体験を通して少しずつ成長していくお話です。

小笠原み蔵〜木彫100展〜
小笠原み蔵〜木彫100展〜 4月19日(水)〜4月24日(月)

木の質感を活かしたユニークなデザインの木彫作品の数々が集います。

十彩 春風 collection 2017 vol.2 和気香風 糸から布へ 布から十彩へ...
十彩 春風 collection 2017 vol.2 和気香風 糸から布へ 布から十彩へ... 4月12日(水)〜4月17日(月)

春にやってくる2つの十彩風感じてみてください。

十彩 春風 collection 2017 vol.1                                            20th anniversary of 十彩 糸から布へ 布から糸へ...
十彩 春風 collection 2017 vol.1 20th anniversary of 十彩 糸から布へ 布から糸へ... 4月5日(水)〜4月10日(月)

春にやってくる2つの十彩風感じてみてください。

K🌙フォトコンテスト
K🌙フォトコンテスト 3月29日(水)〜4月3日(月)

KEI ART Vol.1〜3での出展者である「KEI」が中心となって活動中のフォトクラブ「K🌙フォト」の皆さんによるフォトコンテスト出展作品の展示及び表彰を行います。

KEI ART Vol.3
KEI ART Vol.3 3月22日(水)〜3月27日(月)

多岐に渡る音楽活動経て、いろいろなアーティストとコラボレーション企画を試み、同時に海外での写真活動を行い、アートの発信に傾倒する作者がアイスランドで撮影した作品を展示。

柴崎康男展
柴崎康男展 3月15日(水)〜3月20日(月・祝)

新さっぽろギャラリーでは、6回目の個展開催となります。旅先でのスケッチを元に描いた、その土地の風を感じられる作品を中心に展示いたします。

第六回 祭りと神楽  「福島町いま昔」
第六回 祭りと神楽  「福島町いま昔」 3月8日(水)〜3月13日(月)

北海道福島町で現在も行われている祭りや風習の姿、松前神楽のいまと昔の風景を含めた写真展です。

ニコンカレッジ札幌講師展「静・躍・舞・煌」
ニコンカレッジ札幌講師展「静・躍・舞・煌」 2月15日(水)〜3月6日(月)

日本各地を旅行しながら独特の世界観を彩る浅野久男。夜の街の静謐、寂寥感を捉える上原稔。子どもの表情、躍動感を表現する渡辺可緒理。日常の幸せと煌きを描く久保田幸子。ニコンカレッジ札幌講師陣4名による初の写真展です。

≪上原稔講師による無料セミナー開催≫
■日 時 2月19日(日) 13:00〜15:00
■場 所 新さっぽろギャラリー
■参加費 無料

「写真が今よりも何倍も楽しくなる!」
貴重な無料セミナーとなっておりますので
お時間ある方は是非ともご参加ください。
※イベント当日のみ、NTAカメラサービスによる
メンテナンス、修理受付もございます。
「カメラの不具合が気になっていて、、、」と
お思いの方は、是非この機会に!!

清水武男 写真展
清水武男 写真展 2月1日(水)〜2月13日(月)

自らの視点で美しい北海道の自然と大地の作り出すカタチや歴史・文化などを撮り続けた、北海道を代表する航空写真家、清水武男さんの作品をご覧ください。

Clover photo × Up Tail〜犬のいる風景〜
Clover photo × Up Tail〜犬のいる風景〜 1月25日(水)〜1月30日(月)

フォトグラファーTomoeさんと犬好きな絵描きのカキハラヒトミさんの、犬づくしの二人展を開催。

ARTWALL特別展 W/O
ARTWALL特別展 W/O 1月11日(水)〜1月23日(月)

本展は、60年代から欧州で派生した「コンテンポラリー・ジュエリー」という分野で作家活動をスタートし、近年は北九州で自身のジュエリーショールームを運営する増崎啓起による初の「非ジュエリー作品」のみで構成される展覧会。

其処彼処にさも「在る」かのように感じられる分野間の隔たりを越えようとする実験的な作品の数々をご覧ください。

久米谷弘幸 野幌森林公園探見日記展〜森のときめき〜
久米谷弘幸 野幌森林公園探見日記展〜森のときめき〜 1月5日(木)〜1月9日(月)

野幌森林公園に生息する動植物の写真を一年を通して撮影し、まとめ「森のときめき」と名付けた探見日記展(2016年版)を、厚別区にある“新さっぽろギャラリー”にて展示します。

体力の維持とストレス解消を目的に、野幌森林公園を“探見”し一日ごとにA4の写真用紙に、森で出逢った動植物の写真を11〜12枚貼り付け、簡単な想いをつづった“探見日記”と大きく印刷した写真(A4,A3)を含めた展示となります。“新さっぽろギャラリー”では、2011年から毎年この時期に展示し、今度で7回目になります。

一年分の“探見日記”を展示することで判る、四季の色や動植物の成長の過程の変化など、身近にある野幌森林公園の“自然の豊かさ”を感じていただければ、と思っています。

※探見とは、探検と発見を組み合わせた造語で“森で遊ぶ”という想いも込めてます。

Copyright (C) Shin-Sapporo Gallary. All Rights Reserved.