展示スケジュール│JR・地下鉄・バス直結で気軽に見れるアートギャラリー - 新さっぽろギャラリー

HOME > 展示スケジュール > 2018年

展示スケジュール│JR・地下鉄・バス直結で気軽に見れるアートギャラリー - 新さっぽろギャラリー

当ギャラリーの2018年展示スケジュールです。

ニーウンペツガラス展
ニーウンペツガラス展 12月12日(水)〜12月17日(月)


いろいろな色や形のガラスを組み合わせて作ります。
日時:12月14日(金)、15(土)、16(日)
@11:00〜 A14:00〜 B16:00〜
問い合わせ先(さこだ):080-6093-1579
詳細はニーウンペツガラスHPにて

クスモトスケヒロ ガラス展 「光華」
クスモトスケヒロ ガラス展 「光華」 12月19日(水)〜12月24日(月)

 

第9回みんなの!新さっぽろフォトコンテスト 入賞入選作品展
第9回みんなの!新さっぽろフォトコンテスト 入賞入選作品展 12月26日(水)〜1月3日(木)

厚別区の魅力を撮影した素晴らしい作品をご覧ください。

冬彩る 十彩といろ展
冬彩る 十彩といろ展 12月5日(水)〜12月10日(月)

心カラダあたたまる…十彩の冬

第9回みんなの!新さっぽろフォトコンテスト入賞入選作品展
第9回みんなの!新さっぽろフォトコンテスト入賞入選作品展 11月28日(水)〜12月3日(月)

厚別区の魅力を撮った素晴らしい作品をご覧ください。

l'esprit_des_enfants 白い冬の真珠展2018
l'esprit_des_enfants 白い冬の真珠展2018 11月21日(水)〜11月26日(月)

1本使いも出来る多連淡水真珠ネックレスなど、パーティーシーズンに相応く、華やかに仕立てられた真珠たちを是非ご覧くださいませ…。

三宅智子写真展
三宅智子写真展 11月14日(水)〜11月19日(月)

約10年カメラを介し祖父と向き合う中で、そこには歳を重ねても変わらない祖父の人となりがあると感じます。本作品は大阪、岡山で行った写真展を練り直し、新しい写真を加えたカラー写真全23点の展示となります。

田中博 シマフクロウのこと展
田中博 シマフクロウのこと展 11月7日(水)〜11月12日(月)

シマフクロウは自分で巣は作りません。広葉樹の樹洞を利用して巣穴としますが、その広葉樹が巣穴となる大径木となるには100年以上かかるとと言われています。シマフクロウのことを知ることは、自然の尊さや未来を考えるきっかけともなるのです。

秋深まる 十彩といろ展
秋深まる 十彩といろ展 10月31日(水)〜11月5日(月)

秋の深まりと冬に移り変わる季節の彩り...
十彩で感じる心地いいあたたかさ

写真の町東川賞特別作家賞受賞 奥田實 写真展 野菜美
写真の町東川賞特別作家賞受賞 奥田實 写真展 野菜美 10月17日(水)〜10月29日(月)

奥田 實(オクダ ミノル)
1948年埼玉県本庄生まれ。写真学校卒業後、自然が好きなこともあってストックフォトの分野で全国の風景を撮影して回る。そのかわたら、自然景観の中の植物にも興味を持ち山へ登るようになった。以来風景や植物を中心に幅広い自然写真に取り組んでいる。1986年北海道東川町に仕事場を持ち、主な活動の拠点にしている。公益社団法人日本写真家協会会員。

小笠原み蔵作品展 秋・読書の蛙
小笠原み蔵作品展 秋・読書の蛙 10月10日(水)〜10月15日(月)

木の質感を活かしたユニークなデザインの
木彫作品の数々が集います。

小森 学 写真展 『100歳を超えた北海道人』
小森 学 写真展 『100歳を超えた北海道人』 9月12日(水)〜9月24日(月)

北海道発展の礎を築いた方々の姿を写真に残したい。
その一念により道内に住む100歳を超えた方々を
札幌の出版社 柏艪舎とともに写真集にまとめるべく
企画し撮影を進めて参りました。
若き日より志を持ち、北海道の成長と発展を支え
100年を生きた、その佇まいや表情に思いを馳せ、
生きることの尊さを感じていただけましたら幸いです。

徳丸晋展 -minamo-
徳丸晋展 -minamo- 9月5日(水)〜9月10日(月)

北海道羊蹄山のふもとにある半月湖の水面を撮り続けて
14年目。風による波、映り込む木々や空が織りなす水面
(minamo)の世界をお楽しみください。

佐々木修一 個展
佐々木修一 個展 8月29日(水)〜9月3日(月)

革を使った造形作品展。小物からオブジェ、
漆塗りなど繊細な作品の数々を展示いたします。

かきはらひとみ どうぶつイラスト展
かきはらひとみ どうぶつイラスト展 9月26日(水)〜10月8日(月)

今年で5回目となる個展を今年も開催させていただく事となりました。たくさんの方々に支えていただき、また展示が出来ることがとても嬉しいです。毎年少しずつ変化しながら作品を製作しています。新作のキャンバス作品もいくつか用意する予定です。皆様とお会いできることを楽しみにしております。

“老い、または、美?”V〜                       『ムーン・スター(月星)』自然の描く現代アート〜                                               ジェフ・チャップリン 写真展
“老い、または、美?”V〜 『ムーン・スター(月星)』自然の描く現代アート〜  ジェフ・チャップリン 写真展 8月8日(水)〜8月27日(月)

英国中部レスター州出身北海道在住の芸術家、ジェフ・チャップリン。
イメージは北海道で見つけた劣化し錆びている鐵板なのだか、何か、現代アート作品を髣髴とさせる。米国の画家ジャクソン・ポロック(1912−1956)やドイツ・スイス人のポール・クレー(1879−1940)、ロシア出身米国人マーク・ロスコ(1903−1970)、特に、ドイツのゲルハルト・リヒター(1932−)の描いた『ケージ・シリーズ』の作品だ。鐵板は、「気候が厳しい故に何度も何度も塗り直される」と語るが、鐵板自体が『自然によって塗装された現代アート』となっている。それがただ美しいだけではなく、このようなテーマ自体、「無作為な行為によって生みだされたアート、これが芸術といえるのか?」、「私の撮影が芸術にさせたのか?」、或いは、「この様な問題提起こそが芸術なのか?」といった疑問を投げかけている。

Design & unforgettable  中西敏貴 写真展
Design & unforgettable 中西敏貴 写真展 8月1日(水)〜8月6日(月)

Design & unforgettable 中西敏貴

本展では、2016年発表の「unforgettable」及び、
2017年発表の「Design」から選抜した作品を展示します。
いずれも札幌では初の展示となります。
是非、足をお運びいただければ幸いです。

RADIO T×T FMドラマシティ presents オヤサトコ イラスト展     cocoち。ここち。心地。
RADIO T×T FMドラマシティ presents オヤサトコ イラスト展     cocoち。ここち。心地。 7月25日(水)〜7月30日(月)

「心を繋ぐ音楽」を目指し札幌を中心に
活動するシンガーソングライター尾矢聡子。

instagramで披露している心温まるイラストを展示。
ささやかな幸せを、小さな絵と、少しの言葉で。



小山正洋 絵画展
小山正洋 絵画展 7月18日(水)〜7月23日(月)

油彩、アクリル画、線画を展示します。
絵を自由に描くことができる嬉しい気持ち
を感じて制作した絵画です。
夏のひとときを新さっぽろギャラリーで
お過ごしください。

第1回河口真哉作品展 『心の中はいつも言葉の雨が降っていた。(後編)』
第1回河口真哉作品展 『心の中はいつも言葉の雨が降っていた。(後編)』 7月4日(水)〜7月16日(月)

何気ない日常を切り取り、空間を作り表現する事で人の心の内側に在るものを外に出し提示していくことを試みている。

アタカゴ展
アタカゴ展 6月27日(水)〜7月2日(月)

バリの伝統工芸品アタ。
中でも最高級とされるトゥガナン地方の
逸品の数々をご覧ください。

亀井由利展
亀井由利展 6月20日(水)〜6月25日(月)

長いこと描いて来たような気がします。
ゴミを作って生きてきたような気もします。
いい加減にしたらと自分でも思います。
が、逝ってしまった先輩達や辞めてしまった
これからの人生を想像すると、また飽きもせず
筆を取る自分がいるのです。
ご高覧いただけると幸せです。

l'esprit des enfants 真珠の月の真珠展 フローライトと共に
l'esprit des enfants 真珠の月の真珠展 フローライトと共に 6月6日(水)〜6月11日(月)

本真珠とフローライトという涼しげな天然石との
コラボレーションです。
また、お好きな真珠や天然石をお好きなように
ヘッドとして変えられるスルーネックレスもご用意。
大粒のタヒチ黒真珠や南洋真珠のバロックパール
などと一緒にお楽しみください。

simple
simple 6月13日(水)〜6月18日(月)

オーガニック糸が織りなす心地良さ
肌に触れて感じて...
2つのsimpleが響き合い
毎日の暮らしを心セレブな時に変える...

Toiroes

 伊藤時男写真展 痕跡
伊藤時男写真展 痕跡 5月23日(水)〜6月4日(月)

随分時が経ちましたが、ドイツのフランクフルトに一年間滞在したことがあります、使い慣れた東京の暗室を離れ、その代わりに大量のポラロイドフイルムを持って行きました、通常のフイルムによる撮影では意図した結果が得られたかどうか、気がかりで何枚も撮ることが常です。撮影済みのフイルムと撮ったはずの記憶と共に暗室に持ち帰って現像し確認するのですが、ポラロイドでは撮影した現場で現像して結果を手にとって見ることができる、そのため自然に何枚も撮ることをしなくなり、目的の1枚が撮れた時点で出来上がりを確認して次に進むことができ、制作はその場で完結していきます。
 この時私は、スケッチブックを手に旅行をしているような気分で撮影を進めていました。絵を描くようなプロセスで生まれた写真は、帰国後そのまま箱の中で長い間、忘れられていたのですが、今回新たな気持ちでネガを選び直し、まだ銀塩の印画紙が手に入るうちに全紙にプリントしました。これは古くて新しい未発表作品です。

飯沼一二美 勝負服展
飯沼一二美 勝負服展 5月16日(水)〜5月21日(月)

競馬という世界。例えば、2,000m、ゴールまでの約2分間のドラマ。その一瞬に賭ける想いは決して男達だけではない。騎手の勝負服に魂の全てを注ぎ込む女職人、縫製師・飯沼一二美の栄光と挫折が凝縮された勝負服を新さっぽろギャラリーにて特別公開。

今荘義男展
今荘義男展 5月9日(水)〜5月14日(月)

人生の記憶をテーマにイメージの絵画化を
試行し続ける、岩見沢在住の抽象派作家の
作品をご覧ください。

上田忠太郎の縄文拗展
上田忠太郎の縄文拗展 5月2日(水)〜5月7日(月)

昨年にも増して、更に「縄文」をこじらせた
作者の空想世界。
肩肘張らずに最近話題の縄文を
楽しんでいただければと思います。

細井潤子 作品展
細井潤子 作品展 4月25日(水)〜4月30日(月・振)

滋賀の草木から染め上げるカラダにやさしい素材の創作服を展示。自分の個性や美しさを最大限にひきたててくれる一着に出会ってください。

金春姫展
金春姫展 4月18日(水)〜4月23日(月)

金春姫(キム チョンヒ)

1964年韓国生まれ
1988年弘益美術大学工芸科 卒業
1996年弘益美術大学産業美術大学院 織物デザイン卒業
数多くの個展及び団体展に参加し、大韓民国工芸大展入選。
現在、蔚山大学講師、韓国文化芸術振興院講師をしている。

黄賢淑展
黄賢淑展 4月11日(水)〜4月16日(月)

黄賢淑(ファンヒョンシュク)

1955年韓国生まれ
韓国弘益美術大学を卒業して、今まで5回の個展
数多くの団体展に参加。
韓国国展には3回入選し、jjティッシュ会社と
包装デザインの契約を交わす。
著書はカラリングブック「美しい日々」を出版。
作品は多くのコレクター、城南アートセンター
美術銀行に展示されている。

春彩る 十彩2018コレクション
春彩る 十彩2018コレクション 4月4日(水)〜4月9日(月)

十彩20周年yearが終わり…
これからまた一年一年、
年月を刻んでいきます。
21周年の感謝を作品に込めました。

小川けんいち個展「キャンバス+筆×ユーモア」
小川けんいち個展「キャンバス+筆×ユーモア」 3月28日(水)〜4月2日(月)

たわいのないことを絵にしたい。
たわいのないことで笑顔になりたい。
たわいのない絵でクスってなってほしい。
大爆笑は望まない。
キャンバスに筆で描くちょっとお洒落で
モダンな小作品たちです。

柴崎康男展
柴崎康男展 3月21日(水)〜3月26日(月)

新さっぽろギャラリーでは7回目の個展を開催。旅先でのスケッチを元に描いた、その土地の風を感じられる作品を展示いたします。

小笠原み蔵 作品展 木彫三昧 「春・小さな和解」
小笠原み蔵 作品展 木彫三昧 「春・小さな和解」 3月14日(水)〜3月19日(月)

木の質感を活かしたユニークなデザインの木彫作品の数々が集います。

ピンホール写真芸術学会 会員展 2018
ピンホール写真芸術学会 会員展 2018 2月28日(水)〜3月12日(月)

ピンホールカメラで撮影した写真から表現の意味や
アートの可能性を感じてください。

■トークショー開催
日時:3月4日(日) 15:00〜16:00
テーマ:ピンホール写真と今回の展示作品について

ニコンカレッジ札幌校講師陣写真展【かがやき・ひらめき・ときめき】
ニコンカレッジ札幌校講師陣写真展【かがやき・ひらめき・ときめき】 2月14日(水)〜2月26日(月)

旅する写真家、浅野久男の「skyline」。
モノクロで時を彩る上原稔の「憧憬」。
多重の不思議世界を描く渡辺可緒理の「心象のひかり」。
昨年に引き続き、ニコンカレッジ札幌校講師陣による
写真展を開催。

2月24日(土) 観覧料:無料
13:30〜14:30
浅野久男講師 レクチャー(D810/D850)
15:00〜16:00
渡辺可緒理講師 撮影実演(ギャラリー内)

2月25日(日) 観覧料:無料
上原稔講師 レクチャー

2月24日(土)・25日(日)両日開催
NTAカメラサービスによる
カメラの簡易清掃、修理相談
・ボディ簡易清掃 1,000円(税込)
・レンズ清掃 800円(税込)







「第七回 祭りと神楽」写真展 北海道日本海沿いの祭り 〜美国神社・古平町琴平神社・神威神社・上ノ国八幡宮・太田山神社〜
「第七回 祭りと神楽」写真展 北海道日本海沿いの祭り 〜美国神社・古平町琴平神社・神威神社・上ノ国八幡宮・太田山神社〜 2月7日(水)〜2月12日(月)

今年のテーマは、「北海道日本海沿いの祭り」。
主な場所は、美国町、古平町、積丹町、上ノ国町、せたな町で
撮影された「祭りと神楽」を展示いたします。

2月11日(日)14:00〜 トークイベント開催

あんばいたかし写真展「森の精霊たち」
あんばいたかし写真展「森の精霊たち」 1月31日(水)〜2月5日(月)

生き物って不思議ですね。
なぜ、このような形や色、模様なのでしょうか?
葉っぱや花、木の実をじっと見ていると、
何か別のものに見えてきませんか?
ここでご紹介するのは、私がいろいろな
森で出会った精霊の皆さんです。

犬のいる風景2
犬のいる風景2 1月24日(水)〜1月29日(月)

小樽市在住の羊毛フェルト作家、西国美千代。
札幌を中心に活躍するフォトグラファー、石川ともえ。
恵庭市在住の動物専門イラストレーター、かきはらひとみ。

犬好きな3名の作家による、愛あふれる作品展。
犬が主役の6日間です。

藤野千鶴子 小作品展
藤野千鶴子 小作品展 1月10日(水)〜1月22日(月)

1937年3月生〜2014年4月没。新道展会員、美術文化協会会員、日本美術家連盟会員。東川町のご協力をいただき、収蔵作品の中から小作品をご紹介します。

久米谷弘幸 野幌森林公園 探見日記展〜森の誘惑〜
久米谷弘幸 野幌森林公園 探見日記展〜森の誘惑〜 1月5日(金)〜1月8日(月・祝)

野幌森林公園で出会う動植物たちを、1年を通して撮影。四季の色、成長過程や変化など、身近な“自然の豊かさ”を感じてください。

Copyright (C) Shin-Sapporo Gallary. All Rights Reserved.