展示スケジュール│JR・地下鉄・バス直結で気軽に見れるアートギャラリー - 新さっぽろギャラリー

HOME > 展示スケジュール > 2019年

展示スケジュール│JR・地下鉄・バス直結で気軽に見れるアートギャラリー - 新さっぽろギャラリー

当ギャラリーの2019年展示スケジュールです。

ニーウンペツガラス展
ニーウンペツガラス展 12月11日(水)〜12月23日(月)

ワークショップ12/20〜12/23
うさとの服展示販売会12/13〜12/16

第10回みんなの!新さっぽろフォトコンテスト 入賞入選作品展
第10回みんなの!新さっぽろフォトコンテスト 入賞入選作品展 12月25日(水)〜1月5日(日)

厚別区の魅力を撮影した素晴らしい作品をご覧ください。

綿雪2019
綿雪2019 12月4日(水)〜12月9日(月)

ふわふわ手織りの優しさに包まれて...心あたたまる 十彩2019 冬の新作

第10回みんなの!新さっぽろフォトコンテスト入賞入選作品展
第10回みんなの!新さっぽろフォトコンテスト入賞入選作品展 11月27日(水)〜12月2日(月)

厚別区の魅力を撮った素晴らしい作品をご覧ください。

冬の真珠展2019〜アバロンシェル・バロックパールと共に〜
冬の真珠展2019〜アバロンシェル・バロックパールと共に〜 11月20日(水)〜11月25日(月)

今回はパールとアバロンシェル(アワビの貝殻)でシックにお仕立てしてみました。
アバロンシェル、パワーストーン的には美しい心を維持することを助けるとのこと。
一つ一つ全く違う個性的なアバロンシェルを是非お楽しみください。

change「五人展」
change「五人展」 11月6日(水)〜11月18日(月)

こんにちはDaapです。
今回で3回目になりますDaapの展覧会です。
これまでは建築とアートのコラボでやってまいりましたが今年は少しテイストを変えて「5人展」

本職は全員バラバラ、異色の5人で展覧会を。。。
そしてその5人だからこそ出来る力強さを展開できればと思っております。
令和への時代の変化・気持ちの改革・新たな挑戦として副題にchangeとさせていただきました。

普段からアートに興味のない方もギャラリーを巡っている玄人さん達もこのぶっ飛んだ5人の作品とこれからの活動に期待が持てるような奴等に是非一度会いに来て下さい!!

東川賞特別作家賞受賞 「弁造」から「庭とエスキース」へ 奥山淳志写真展
東川賞特別作家賞受賞 「弁造」から「庭とエスキース」へ 奥山淳志写真展 10月16日(水)〜11月4日(月)

大正9年に北海道新十津川に生まれ、絵描きになる夢を抱きながら自給自足の生活を営み続けた井上弁造さん。その晩年と死後を見つめた日々を通して僕が掴んだのは、“生きること”そのものでした。

出版記念トーク
奥山淳志
10/22(火)17:30〜新さっぽろギャラリー
※予約不要

夏、クロノスタシス
夏、クロノスタシス 10月2日(水)〜10月14日(月)

寒く長い冬が終わり、ようやく暖かな春を迎え、暑い夏が始まる頃には
今年こそは夏を楽しみたい!なんて思ったりもするけど、
結局は仕事や日々の生活に追われ気づくと季節は瞬きをする間のように通り過ぎてしまっている。

クロノスタシスとは時計の針が止まって見える現象。
そんな現象のように残っていた私の夏の記録。

ごゆっくりご覧頂けましたら嬉しいです。

秋の彩り 2019 手織りジャガードの美しさを秋の彩りに重ねて...
秋の彩り 2019 手織りジャガードの美しさを秋の彩りに重ねて... 9月25日(水)〜9月30日(月)

ヒマラヤの草木で染めた糸をジャガードという技法で織り上げ、一枚いちまい丁寧に秋の彩りを仕立てました。

小笠原み蔵・作品展ー木彫三昧ーJAZZする木々たち…
小笠原み蔵・作品展ー木彫三昧ーJAZZする木々たち… 9月18日(水)〜9月23日(月)

木の質感を活かしたユニークなデザインの木彫作品の数々が集います。

一目惚れのカラクリ
一目惚れのカラクリ 9月11日(水)〜9月16日(月)

自分と深く向き合った時期に作品は生まれた。
見た瞬間にすっと入ってくるものが好きだから、僕の絵を一目見て笑ってくれたら嬉しい。それで満足。想像するとわくわくする。

「革でつくる」展5
「革でつくる」展5 9月4日(水)〜9月9日(月)

牛革を素材にその造形の可能性を活かした作品たちです。特に革を本漆で仕上げた漆器は、全国でも珍しいものです。

Melancholy
Melancholy 8月21日(水)〜9月2日(月)

通りすぎる砂利道の石ころのような。
あるいは余白だけのページをめくるような。
小さすぎる偶然が確かなことだと教えてくれた、他者へと続く物語。
すぎる季節の真ん中でゆっくりとご覧ください。

ヨシ・シスレイ作品展
ヨシ・シスレイ作品展 8月7日(水)〜8月19日(月)

下書きなしで描かれる彼の絵は、自由かつ先鋭的で、同時に秩序も保たれている、という不思議な空間が何層にも絵描かれています。

そのレイヤーの中には不安、情熱、夢と安心、冷静、現実が共存する世界が広がっているみたいです。

HIRAETH
HIRAETH 7月24日(水)〜8月5日(月)

「HIRAETH」とはウェールズ語で失ってしまった時・人・愛など、もう帰ることのできない場所に帰りたいと思う気持ちを表現する言葉です。
今回は、その一瞬にしか捉えることのできなかった風景を切り取った写真を展示しています。
ゆっくりとご覧になっていただけるとうれしいです。

小山正洋 絵画展
小山正洋 絵画展 7月17日(水)〜7月22日(月)

今回は自由線画の描写による、鳥、花、魚、船などを主なテーマとした心象画を製作しました。
自由に描くことの喜びを一枚一枚の絵から感じとってもらえれば幸いです。
この真夏のひと時を新さっぽろギャラリーでお過ごしください。
お待ちしております。

Hangmansknot
Hangmansknot 7月10日(水)〜7月15日(月)

美しいと感じ描きたいと思ったモチーフです。
死に対して生に対して様々な考え方があります。作品を通じて死と生を改めて考えみるきっかけになるのかなと思います。

※作品内容ですが御覧になる方によっては気分を害する可能性がございますがご了承ください

アタカゴ展
アタカゴ展 7月3日(水)〜7月8日(月)

バリの伝統工芸品アタ。
中でも最高級とされるトゥガナン地方の逸品の数々をご覧ください。

華展-ArtMoonBell-
華展-ArtMoonBell- 6月26日(水)〜7月1日(月)

ArtMoonBell(月鈴 蘭)主催の、28名の作家による、【華】をテーマにしたイラスト作品企画グループ展です。道内外の作家の水彩、コピック、デジタル作品の展示と、物販もございますので是非見にいらしてください。

l'esprit des enfants 若草色の真珠展 2019
l'esprit des enfants 若草色の真珠展 2019 6月19日(水)〜6月24日(月)

今回はシックな若草色の真珠や天然石をお仕立てしてみました。大人の初夏にふさわしい、大珠真珠を是非ご覧ください。

かきはらひとみ個展【もうひとつのせかい】
かきはらひとみ個展【もうひとつのせかい】 6月12日(水)〜6月17日(月)

動物のリアルイラストを制作している作者がいつもとはテイストの違うもう一つの世界を創作し始めました。
まっくろな子猫【くろうん】が作り出す、ふわっと優しい世界をそーっと覗きに来てみてくださいね。

夏十彩
夏十彩 6月5日(水)〜6月10日(月)

大地の恵みから生まれた草木達...
オーガニックの糸が織り成す心地よさと彩りを感じて...
心地いい初夏を感じるお洋服が完成しました。
オーガニックのコットンの草木染めの手織り布、夏を快適に過ごせるバンブーコットン...
ナチュラルシルクの手織り布の肌触りを実感してみて下さい。

小森 学 写真展 『100歳を超えた北海道人』
小森 学 写真展 『100歳を超えた北海道人』 5月29日(水)〜6月3日(月)

北海道発展の礎を築いた方々の姿を写真に残したい。
その一念により道内に住む100歳を超えた方々を
札幌の出版社 柏艪舎とともに写真集にまとめるべく
企画し撮影を進めて参りました。
若き日より志を持ち、北海道の成長と発展を支え
100年を生きた、その佇まいや表情に思いを馳せ、
生きることの尊さを感じていただけましたら幸いです。

細井 潤子作品展
細井 潤子作品展 5月22日(水)〜5月27日(月)

滋賀の草木から染め上げるカラダにやさしい素材の創作服を展示。
自分の個性や美しさを最大限にひきたててくれる一着に出会ってください。

 写真展 m komori & c ito photo exhibition『3girls meets  X  reactor town 』
写真展 m komori & c ito photo exhibition『3girls meets X reactor town 』 5月8日(水)〜5月20日(月)

昭和52年、新さっぽろの地に生まれたサンピアザ。
ひとの暮らしの理想や時の求めに応じて、新陳代謝を繰り返し、巨大な未来都市のように発展し、新さっぽろの代名詞となり街の根幹となりました。まるで街の原動力を生み出すリアクターのようなサンピアザに3人の平成生まれのモデルたちが出会い、ネオクラシックを表現する写真展です。皆様のお越しをお待ちしております。

上田忠太郎の縄文拗参上展
上田忠太郎の縄文拗参上展 5月1日(水・祝)〜5月6日(月・振)

縄文をテーマにした縄文拗(ジョウモン・コジレ)シリーズの第三弾。
硬い歴史観は忘れて、縄文を楽しんで頂ければ幸いです。

中西 敏貴写真展「FARMLANDSCAPE」
中西 敏貴写真展「FARMLANDSCAPE」 4月10日(水)〜4月29日(月・祝)

美瑛に引かれ、7年前に移住した作者。写真家としてこの土地に暮らすことで、美しい丘の風景を支える農家や町の人々との交流が深まり、移住前とはまったく異なる視点が生まれてたきたという。起伏のある広大な丘で作業する農家への尊敬の念、特有の天候が作物にもたらす意味など、これまでにない角度から見た美瑛の農を描く作品展。

十彩22周年 春コレクション2019
十彩22周年 春コレクション2019 4月3日(水)〜4月8日(月)

草木が芽吹く季節…
自然いっぱいの十彩でお出かけしてみませんか?

小笠原み蔵作品展−−−やっぱゴリラ…あっ豚ー。−−−
小笠原み蔵作品展−−−やっぱゴリラ…あっ豚ー。−−− 3月27日(水)〜4月1日(月)

木の質感を活かしたユニークなデザインの木彫作品の数々が集います。

柴さき康男 作品展 ※さきは山偏に立+可
柴さき康男 作品展 ※さきは山偏に立+可 3月20日(水)〜3月25日(月)

当ギャラリーでは8回目の個展。旅先でのスケッチを元に描いた、その土地の風を感じられる作品を中心に展示します。

3.11を忘れない あの時から走り続ける仲間たちの活動報告展。
3.11を忘れない あの時から走り続ける仲間たちの活動報告展。 3月6日(水)〜3月18日(月)

福島の子供達の為に、走った距離分だけ毎月集計して支援しています。(例・100キロ走れば1000円の支援)
震災直後、外で遊べない子供たちに室内遊具を贈ることから始まり、今は児童数が少なくなった学校の子供たちに季節の果物を贈っています。そして、各地で起こった災害にも対応してきました。小さな支援ですが、毎日福島の子供達の事を想い走り続けている人達がいることを知っていただきたいと思います。

ニコンカレッジ札幌校講師陣 写真展 【PHOTO CROSSING 2019】
ニコンカレッジ札幌校講師陣 写真展 【PHOTO CROSSING 2019】 2月20日(水)〜3月4日(月)

旅する写真家浅野久男の「 桜華爛漫 」、当たり前に在る日常の夜を追う上原稔の「 夜情 U 」、またく不思議世界を描写する 渡辺 可緒理の「 瞬間的明滅 」
今年で三年目となるニコンカレッジ札幌校講師陣による写真展 。
2月23日(土)、24日(日)にはイベントも開催される。

第八回 祭りと神楽 〜北海道で行われている神楽〜
第八回 祭りと神楽 〜北海道で行われている神楽〜 2月6日(水)〜2月18日(月)

松前神楽は、江戸時代の始めに道南の松前周辺で行われていた、様々な神楽、田楽などの伝統芸能を集大成し、城内神事として伝承されてきました。

Time with dogs〜キミがいれば優しくなれる〜
Time with dogs〜キミがいれば優しくなれる〜 1月30日(水)〜2月4日(月)

新さっぽろギャラリーで開催される、犬がテーマの作品展の第3弾。写真や優しいタッチのパステル画、愛らしい表情の羊毛フェルトやエアブラシでの手描きイラストなど、多彩な手法の作品で犬の魅力を存分に楽しめる。

河口真哉作品展 『言葉の雨がいつも心の中で降っていた。(後編)』
河口真哉作品展 『言葉の雨がいつも心の中で降っていた。(後編)』 1月16日(水)〜1月28日(月)

何気ない日常を切り取り、空間を作り表現する事で人の心の内側に在るものを外に出し提示していくことを試みている。

「なごみの森」探見日記展
「なごみの森」探見日記展 1月5日(土)〜1月14日(月)

50歳から始めた野幌森林公園を散策する“探見”は68歳になった今年2300回を超え、身近にある豊かな自然“なごみの森”にすっかり癒されています。

Copyright (C) Shin-Sapporo Gallary. All Rights Reserved.