展示スケジュール│JR・地下鉄・バス直結で気軽に見れるアートギャラリー - 新さっぽろギャラリー

HOME > 展示スケジュール > 2019年

展示スケジュール│JR・地下鉄・バス直結で気軽に見れるアートギャラリー - 新さっぽろギャラリー

当ギャラリーの2019年展示スケジュールです。

柴さき康男 作品展 ※さきは山偏に立+可
柴さき康男 作品展 ※さきは山偏に立+可 3月20日(水)〜3月25日(月)

当ギャラリーでは8回目の個展。旅先でのスケッチを元に描いた、その土地の風を感じられる作品を中心に展示します。

小笠原み蔵作品展−−−やっぱゴリラ…あっ豚ー。−−−
小笠原み蔵作品展−−−やっぱゴリラ…あっ豚ー。−−− 3月27日(水)〜4月1日(月)

木の質感を活かしたユニークなデザインの木彫作品の数々が集います。

十彩22周年 春コレクション2019
十彩22周年 春コレクション2019 4月3日(水)〜4月8日(月)

草木が芽吹く季節…
自然いっぱいの十彩でお出かけしてみませんか?

中西 敏貴写真展「FARMLANDSCAPE」
中西 敏貴写真展「FARMLANDSCAPE」 4月10日(水)〜4月29日(月・祝)

美瑛に引かれ、7年前に移住した作者。写真家としてこの土地に暮らすことで、美しい丘の風景を支える農家や町の人々との交流が深まり、移住前とはまったく異なる視点が生まれてたきたという。起伏のある広大な丘で作業する農家への尊敬の念、特有の天候が作物にもたらす意味など、これまでにない角度から見た美瑛の農を描く作品展。

3.11を忘れない あの時から走り続ける仲間たちの活動報告展。
3.11を忘れない あの時から走り続ける仲間たちの活動報告展。 3月6日(水)〜3月18日(月)

福島の子供達の為に、走った距離分だけ毎月集計して支援しています。(例・100キロ走れば1000円の支援)
震災直後、外で遊べない子供たちに室内遊具を贈ることから始まり、今は児童数が少なくなった学校の子供たちに季節の果物を贈っています。そして、各地で起こった災害にも対応してきました。小さな支援ですが、毎日福島の子供達の事を想い走り続けている人達がいることを知っていただきたいと思います。

ニコンカレッジ札幌校講師陣 写真展 【PHOTO CROSSING 2019】
ニコンカレッジ札幌校講師陣 写真展 【PHOTO CROSSING 2019】 2月20日(水)〜3月4日(月)

旅する写真家浅野久男の「 桜華爛漫 」、当たり前に在る日常の夜を追う上原稔の「 夜情 U 」、またく不思議世界を描写する 渡辺 可緒理の「 瞬間的明滅 」
今年で三年目となるニコンカレッジ札幌校講師陣による写真展 。
2月23日(土)、24日(日)にはイベントも開催される。

第八回 祭りと神楽 〜北海道で行われている神楽〜
第八回 祭りと神楽 〜北海道で行われている神楽〜 2月6日(水)〜2月18日(月)

松前神楽は、江戸時代の始めに道南の松前周辺で行われていた、様々な神楽、田楽などの伝統芸能を集大成し、城内神事として伝承されてきました。

Time with dogs〜キミがいれば優しくなれる〜
Time with dogs〜キミがいれば優しくなれる〜 1月30日(水)〜2月4日(月)

新さっぽろギャラリーで開催される、犬がテーマの作品展の第3弾。写真や優しいタッチのパステル画、愛らしい表情の羊毛フェルトやエアブラシでの手描きイラストなど、多彩な手法の作品で犬の魅力を存分に楽しめる。

河口真哉作品展 『言葉の雨がいつも心の中で降っていた。(後編)』
河口真哉作品展 『言葉の雨がいつも心の中で降っていた。(後編)』 1月16日(水)〜1月28日(月)

何気ない日常を切り取り、空間を作り表現する事で人の心の内側に在るものを外に出し提示していくことを試みている。

「なごみの森」探見日記展
「なごみの森」探見日記展 1月5日(土)〜1月14日(月)

50歳から始めた野幌森林公園を散策する“探見”は68歳になった今年2300回を超え、身近にある豊かな自然“なごみの森”にすっかり癒されています。

Copyright (C) Shin-Sapporo Gallary. All Rights Reserved.